恋愛

未練がましい男の心理と起こしやすい迷惑行為10選

未練がましい人というのは、諦めが悪い人や、思い切りが悪い人などのことを指し、このタイプはストーカーへと発展しやすいなどの特徴が見られます。

もしもあなたが未練がましい男に付きまとわれているのであれば、少し身の危険を感じた方がいいのかもしれません。

そんな未練がましい男の心理を知り、さらに起こしやすい迷惑行為を知ることは、今後未練がましい人に付きまとわれてた時に、自分を守るための知恵ともなりうるはずです。

スポンサードリンク

未練がましい男の心理

辛い気持ちを表に出せない

男性は女性に比べて、感情を表に出すことが苦手であり、悩みを誰かに相談することや、自分の弱みを知られることを避けようとする傾向が見られます。

これには様々な理由が考えられ、まず男性は競争心が強い傾向が見られ、ゲームなどでも勝つまでやめない男性がいたり、負けず嫌いな性格であるのが男性に多いのもこのためです。

競争心が強いということは、自分の弱みを誰かに相談することは、結局のところ負けてしまうことにも繋がりかねないので、男性は悲しみを心の中に閉じ込め、自分の殻に閉じこもってしまう傾向が見られるのです。

さらに男性は女性に比べてプライドが高い傾向が見られるため、プライドが邪魔をして強がってしまうことも多くなってしまうのです。

一方で女性は男性よりも共感性が強く、コミュニケーション能力が高いために、悲しみを誰かに共感してもらおうと話をしたり、自分がどう辛いのかということを伝えるのが上手であることに加え、親和欲求が強いために、孤独を感じることや一人になることに対する恐怖心が強く、誰かに相談することも多くなるということからも、辛い気持ちを表に出し、ネガティブな感情を溜め込まないという対処法をとりやすいのです。

こうした男女での対処法の違いにより、辛い気持ちが心の中に残り続けると、やがて自分の感情だけに従って行動をとるようになり、未練がましいストーカーなどの犯罪行為に手を染めてしまうことに繋がることがあります。

スポンサードリンク

投影と嫉妬

嫉妬深い男性であった場合は、女性が違う男性と遊んでいることや、女友達と遊ぶことに対して、自分の欲望を投影してしまっている可能性も考えられます。

例えば、嫉妬深いA男は女性とのデート=女性を手に入れるため、または体の関係に持ち込むため、という欲望を抱いていたとしましょう。

すると嫉妬深い男は、別れた元カノに対して、このような投影をしてしまいます。

「あいつが違う男と遊んでいるのは、違う男と付き合う目的や、またお持ち帰りされるといった目的があるのではないだろうか?」という投影をしてしまうことによって、嫉妬心を抱いたり、または不安な気持ちが大きくなっていきます。

するとその不安な気持ちを満たすために、未練がましい行動に出てしまい、別れたのにもかかわらず心配の連絡をしてきたり、会いたいといった連絡をしてくるなど、未練がましい行動をとるようになってしまいます。

付き合っていた頃から、疑い深くて束縛が激しい男性などが、比較的当てはまりやすい特徴となります。

 

男は勘違いのプロ

男は単純ですぐ美女に騙されるといった感情を持つ女性も多いですが、これはあながち間違いでもありません。

男性は女性よりも勘違いしやすい傾向があり、少し優しく振る舞ったり、セクシーなポーズなどをとると、「俺に気があるんじゃ…」という勘違いを起こしがちです。

例えば、ニコッと笑顔でいつも挨拶してくれる女性に対して、男性は以下のような勘違いを起こしてしまいやすいです。

「いつも俺にニコニコしてくれるのは、好意的のサインなのか?それともデートの誘いを待っているのかも…!」といった勘違いを起こしやすく、基本的に男性は女性がとった単純な仕草であっても、深読みをしてしまい、様々な可能性を考えてしまうのです。

これは未練がましい男の心理にも当てはまることであり、未練を抱いている相手が少し優しい態度で接してくれたとすれば、まだ自分には可能性が残っているかもしれないという思い込みから、未練がましい行動をとってしまった経験がある男性も少なくはないでしょう。

 

一方的な思い

相手の気持ちなど関係なく、自分が好きであるという一方的な思いで自分の好意を押し付けている人もいて、こちらは保護者的な意見を言ったり、自分に愛情を求めてくるなどの傾向が見られます。

簡単に言い換えると自己中心的な性格であり、自分を幸せにできるのは特定の女性だけだと思い込んでいたり、自分の辛い気持ちを救えるのはあなただけだといった思い込みをして、相手の気持ちなど考えずに一方的な行動が目立ちます。

こちらの場合は、アイドルや見知らぬ人にストーカー被害にあったというケースなどに当てはまることも多く、未練がましい男というのは、何もあなたの知っている男性だけに限らず、一方的に相手が知っているというケースもあり得るのです。

 

起こしやすい迷惑行為6つ

復縁タイプ

別れた後に縁を戻したいという気持ちから、未練がましい行動をとってしまう男性のことであり、破局後にストーカーまがいな行動をとってしまうタイプが、こちらに当てはまります。

大きな悲しみを心に溜め込み、復縁したいという気持ちとは反対に相手に拒絶されてしまうことで、復縁したいという気持ちが復讐心へと変わっていき、殺人事件などに発展してしまうケースも珍しくありません。

挫折愛タイプ

こちらは新しい恋人と別れた後や、友人関係に亀裂が入った時に、再び接触を試みるタイプであり、忘れることができない元恋人に対して、長い期間復縁したいという気持ちを持っているため、新しい恋人などと一刻も早く別れてほしいという本音を抱いていることも珍しくありません。

別れたという情報を耳にすれば、即座に連絡をしてくるなどの行動パターンが特徴的です。

妄想タイプ

妄想タイプは2つのタイプに分けることができ、wikiによれば、「精神病系」と「パラノイド系」に分けることができます。

精神病系の場合は、精神病によって抱いてしまう妄想恋愛が特徴的であり、実際は交際していないにもかかわらず、自分の中では交際しているという思い込みにより、相手からすれば未練がましい行動をとっているように感じているのかもしれません。

パラノイド系の場合は、妄想によって未練がましい行動やストーカーまがいな行動をとりますが、それ以外の部分では正常であるケースが当てはまります。

無関係タイプ

アイドルなどに一方的に好意を抱き、ストーカーまがいな行動をしてしまう人のことであり、パラノイド系もこちらに当てはまりやすいとされています。

密接的な行動をとることが特徴的であり、アイドルの追っかけをする人などは、妄想恋愛で楽しいひと時を過ごすことも珍しくありません。

破婚タイプ

夫婦関係が崩れたり、崩れそうになった時に接触を試みるタイプであり、家のポストに手紙を入れたり、夫婦関係が崩れた後に粘着するのがこちらの特徴です。

確かに人は別れた後に、他人が普段より魅力的に見えてしまう心理状態となりますが、未練がましい男に対しては嫌なイメージが出来上がってしまっているので、心理効果は期待できずに、やはり拒絶されてしまうことが非常に多いです。

陰ながらタイプ

昔からずっと好意を抱いている人や、憧れの先輩などに陰ながら粘着することであり、職場で遠目から監視していたり、陰ながら仕事や勉強を応援しているタイプであります。

こちらは一見相手に迷惑をかけていないようにも思えがちですが、行為がエスカレートしていくこともあるので、安全だとは言い切れません。

 

身を守るための対処法

勘違いさせないこと

心理でもお伝えしていますが、男は勘違いのプロであります。

だからこそ、可哀想といった感情から隙を見せてしまうような態度は危険であり、未練がましい男に希望を与えてしまいます。

そうではなく、未練がましい男に対しては、しっかりともう付き合えないということを告げるなり、連絡もとれなくなるといった宣言をしておくと効果的です。

一方でこの対処法をすれば、「自分はこれだけ好きなのに!」という思いから、復讐心へと変わる人もいますので、相手を傷つけないような言葉を選びつつ、もうチャンスはないということを間接的に伝えていかなければなりません。

 

相手に振られるようにする

未練がましい男やストーカーに合わないためには、相手に振られるようにすることも効果的であり、一方的に振るような別れ方では、納得できないという理由をつけて、何度も接触を試みる男性もいます。

自分の身を守るためには、常に相手に振られるような演出へと持っていき、お互いに納得しあうような形で別れることができれば、より理想的です。

また、未練がましい男が恋愛依存症であった場合は、やっぱり復縁したいと迫ってくる可能性が高いですが、恋愛依存症の男性の多くは、見捨てることができない女性であれば復縁も高く、お互いに恋愛依存症であった場合は、何度も復縁を繰り返すというケースも珍しくありません。

 

知識をつけること

粘着質で未練がましい男の特徴などを事前に頭に入れておき、しっかりと相手の男性を見極めた上で、恋愛を進めていくことが大事となります。

特に、むやみやたらに恋愛をする人ほど、数打てば粘着質な男性と出会うことも当然考えられるので、むやみやたらに不特定多数の男性と交際をしないことなども、対処法の1つとしてよく挙げられています。

もしも別れが頭をよぎり、男性に未練がましい一面が見られたのであれば、しっかりと対策を練って別れ話へと進めることを覚えておくといいでしょう。

 

危機感を持とう

いかがだったでしょうか。

未練がましい男から自分の身を守るためには、やはり危機感を持つことが必要であり、大丈夫だろうという安易な考えが、時としてストーカー被害へと繋がることもあります。

当然人間であれば、別れてしまえば一度くらいはSNSなどで相手の現状を覗いてしまったりするものですが、ストーカー被害にあえば、日々の生活に常に恐怖心を感じて生きていく生活へと変わってしまいます。

未練がましい男に一切の脈がないのであれば、中途半端なことはせずに、きちんと相手も諦めれるような態度で接することが重要です。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  2. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  3. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
  4. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  5. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
PAGE TOP