恋愛

理想の男性を引き寄せ出会う方法

あなたはなぜ「出会えない」のか?

 

「彼氏はほしいけど、 出会いの場がない」

「どうしてもいい男と出会えない」

恋愛に悩む女性の多くは、こんな声を漏らします。

そして、こうした女性に限って、いつも同じような男性と恋愛し、毎回同じような問題にぶつかり、同じような別れを繰り返していくものです。

「わたしの前に現れるのは、 いつもダメ男ばかり」

そう思っている方も少なくないでしょう。

スポンサードリンク

これは、相手の男性が悪いのでしょうか?

もしくは、あなたが身をおいている「場」が悪いのでしょうか?

違います。

問題なのはあなたの「意識」です。

 

ちょっと面白い話をしましょう。

ここに、食事制限のダイエットに挑戦するひとりの女性がいます。

甘いものや油ものを我慢して、サラダやフルーツ、またヨーグルトなど低カロリーな食事ばかりで過ごす日々。

そんな状態が続くと、不思議な現象が起きてきます。

 

テレビをつければ、 いつもグルメ番組や食べ物のCMをやっている。

雑誌をめくると人気レストランの特集記事ばかりが目に入る。

気晴らしに散歩したら、街中から食べ物の匂いが襲ってくる。

こうなると、考えまいとすればするほど、食べ物のことで頭がいっぱいになって、もはや仕事も手につかない状態になっていきます。

みなさんも、きっと身に覚えのある感覚ではないでしょうか?

スポンサードリンク

わたしたちの脳は、自分が強く意識した情報だけを、自分の中に取り入れる機能を持っています。

これは、大脳辺縁系から網の目状に伸びた「RAS」という神経ネットワークのことです。

RASは、あなたがAという事柄を強く意識すると、Aに関する情報だけを外部から集めて、それ以外はすべてシャットアウトしていく、アンテナのような働きを持っています。

外部から入ってくる膨大な情報を、こうしてコントロールし、選り分けているわけです。

 

食事制限のダイエットをする女性の場合、「食べたい」「でも、食べてはいけない」と、食べ物を強く意識しました。

そのため、 RASがテレビや雑誌から食べ物の情報ばかりを拾い集めてきたのです。

もちろん、その他の情報は、すべてはシャットアウトされますので、世界中が食べ物だらけのように感じられてしまいます。

さて、この話を恋愛に置き換えてください。

RASがしっかりと働けば、理想の男性など簡単に見つかります。

まるで吸い寄せるようにして、出会いの場をセッテイングしてくれます。

 

ただし、そこには大切な条件があります。

それは、「理想の男性像を、ありありと、どこまでも具体的に思い浮かべる」ということです。

たとえばあなたは「優しい男の人がいいな」とか「かっこいい男の人がいいな」とか、ぼんやりした理想像を描いてないでしょうか?

それでは RASは「最初のうちだけ優しい男」や「まったく中身のない男」までも探し出してしまいます。

理想の男性像は、リアルであればあるほどいいのです。

 

あなたの理想の男性は、どのような顔立ちでしょうか?

どんな性格で、あなたにはどのように接するのでしょう?

どれくらいの収入があり、どんな生活をしているのでしょう?

いわゆる「高学歴、高収入、高身長」のような、数値的な条件ではいけません。

 

もっと具体的な、温もりのある「人」をしっかりとイメージして、RASに教えてあげてください。

そうすれば、行く先々で素敵な男性が現れます。

そして慣れてくれば、「ちょっと素敵な男性」「かなり素敵な男性」「とびっきり素敵な男性」を見分けられるようになっていくはずです。

素敵な男性が「いない」のではありません。

そんな女性は、 RASがうまく使えていないだけ。

素敵な男性が「見えていない」だけなのです。

 

関連記事

→恋愛で理想が高い女性の特徴と注意点

→熱しやすく冷めやすい恋愛ばかりの理由は趣味間隔だから?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  2. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  3. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  4. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  5. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
PAGE TOP