彼氏

関西人彼氏へのトリセツ10選〜文化を理解しよう!

「関西人のノリについていけない〜!」とか、「どんな言葉がNG何だろう?」など、関西人には関西人なりの上手な扱い方が存在します。

このトリセツ10選を読むだけで、あなたは彼氏への扱いがグッと上手になり、関西の男心をくすぐる、または鷲掴みにできるような女性へと大変身できるはずです。

スポンサードリンク

関西ディスりは絶対禁止

これは関西人彼氏に限ったことではありませんが、誰でも育った地域には愛情があり、その地域を小馬鹿にされることに怒りを覚えたり、いい気分にはならないものです。

関西人彼氏が冗談好きで、いつも面白いことを言っている彼氏であったとしても、関西ディスりや関西の悪いイメージを冗談交じりに話すことは避けましょう。

特に傷つく言葉は、「関西人は無神経な人が多そう」とか、「大阪だから在日だ!」なんて冗談であり、こうした冗談は関西人彼氏の怒りメーターを沸点まで上げてしまうことに繋がりかねません。(関西人だって、嫌なイメージに傷ついてるです…)

また、関西人は基本的にユニバ(USJのこと)ラブでありますので、ユニバを貶すようなことや、ディズニーと比べるような話題も喧嘩の種となる可能性があるため、避けておいた方がいいです。(彼氏が冗談交じりに、あなたの地域をディスってきた場合にも、すぐさま注意しましょう!)

 

冗談と本音を見分けよう

関西人の特徴としては、冗談が大好きである傾向が見られるため、トリセツとしては、関西人彼氏の冗談と本音を見分ける能力が必要となります。

例えば、関西人彼氏が「知らんけど」と語尾につけた場合は、これは冗談とか、適当に話していると思っておけばよく、関西人がよく使う「知らんけど」は、「適当なのでツッコむなり、なんらかのリアクションが欲しい!」というサインであります。

関西以外の方が困ることの1つに、「冗談と本音の境界線が分からない」という悩みが起きやすいため、冗談か本音なのかが分からない場合には、すぐさま確認を取るといいです。

なぜなら、彼氏も他の地域の人の扱いには慣れていないので、冗談と本音の見分けがつくと思い込んで、あなたと接している可能性が考えられるからであります。

スポンサードリンク

無視厳禁!ツッコミが大事

関西で育った人はノリとツッコミが大事な環境で育ってきた人が多いので、彼氏が冗談交じりに話を終えた時には、無理をするのではなく、何らかのリアクションをとってあげましょう。

本場関西の”なんでやねん!”と返すのが難しい場合は、「絶対嘘や!」とか、「本当にー!?」などの簡単なリアクションでいいので、無視だけはしないでおきましょう。

あなたも会話が返ってこない時に寂しい思いをするのと同じように、関西人彼氏も無視されることが一番寂しい思いをするのです。

 

バカは絶対に避けるべし

関西はアホでは怒りませんが、バカは嫌な思いをしてしまう言葉となります。

関西人にとっては、アホは褒め言葉であることも多いため、彼氏が面白いことをした時や、ふざけて笑かそうとした場合には、「本当にアホだね!」と、笑いながら返してあげると彼氏は喜ぶことでしょう。

 

キツイ表現やツッコミは注意しよう

関西弁をキツイと感じたり、ツッコミが強烈すぎて疲れることを避けるためにも、それは私には通用しないと思ったことは、しっかりと注意することが、10のトリセツの中でも最も重要なこととなります。

我慢し続けて交際が続くのは、恋の賞味期限がまだ残っているうちであり、この賞味期限が切れてしまうと、交際を続けることは非常に難しくなります。

これは心理学による様々な実験や、化学実験によっても判明していることであるため、直して欲しい部分や言葉がキツイ、このイジりは嫌だと感じたのであれば、我慢せずに本音を一度打ち明けてみるといいでしょう。

 

ノリやテンポについていけない時も伝える

関西人のノリやテンポは独特であるため、すぐについていくことは難しく、特に早すぎるテンポに圧倒されてしまった経験を持つ人も、珍しくありません。

こちらは交際期間が長くなるにつれて、対処法も自然と身につくものですから、「まだノリとテンポについていけない」と伝えるついでに、「関西人のトーク術はほんと凄いね!」とセットで褒めてあげると、彼氏の顔がニヤケ顔に変わっていることでしょう。

 

サービス笑いは効果的

関西人彼氏の気持ちを高ぶらせたい時や、何かお願いをする前にはぜひ使って欲しい必殺テクニックであり、それこそがサービス笑いです。

関西人は人を笑かせることが好きというイメージが強い人もいるでしょうが、実はこれは男性全てに共通する特徴であり、男は人を笑かせることが大好きな生き物なだけに、男性全般に効果的なトリセツであるとも言えます。

ただ、関西はお笑いの聖地ということや、ノリとツッコミを非常に大事にする地域性が見られるため、関西人彼氏の方がより効果が出やすいと考えることができます。

心理学では、人を笑かすことで安心感を得ることができ、これは相手の反応次第で自分の評価を探っていることが理由であり、笑ってもらうことで、「自分は好かれているんだ」という安心感を得ることができるため、彼氏が不安に思っている時や、必死になっている時などには、ぜひ使ってみて欲しい心理テクニックとなります。

 

自信の部分を認めてあげよう

関西人彼氏といっても、真面目で話がつまらなく、ノリやツッコミを全くしないというケースも考えられます。

このような場合であっても、関西人らしい彼氏であっても使えるテクニックとしては、自信の部分を的確に褒めてあげることです。

男心を鷲掴みにする女性とは、男のプライドをくすぐり、自尊心や承認欲求を満たすことができる女性あり、男を気持ちよくさせるトリセツの基本です。

この2つのプライドを満たすことができる方法こそ、自慢のある部分を的確に褒めてあげることであり、「冗談ばかりで面白い話をしてくれた場合には、トーク力を褒めてあげる」とか、「優しくて大事にしてくれた時には、その優しさを的確に褒めてあげる」ことで、よりあなたのことを大事な存在であると思うことに繋がってくるはずです。

 

エセ関西弁を使いすぎない

関西人がイラっとくる瞬間で有名なのが、エセ関西弁を使われることであり、エセ関西弁の使いすぎは良くありません。

もちろん、楽しい話をしている時に、冗談交じりで”なんでやねん!”とエセ関西弁を使うぶんには、おそらく彼氏がツッコミを入れて話も盛り上げるでしょうし、この使い方は非常に良い使い方であることに間違いありません。

しかしながら、彼氏の機嫌が悪い時や、使いべき場面でない時にエセ関西弁を使いすぎてしまうと、結果的に彼氏をイラっとさせてしまいかねません。

エセ関西弁を使う時には、楽しい雰囲気で、ツッコミを入れてくれるような場面でのみ使うことを心がけておきましょう。

 

地域ごとに対応を変える

関西といっても、大阪と京都では若干違った特徴が見られますし、関西には高級住宅地もたくさん存在します。

だからこそ、関西人という大きな見方をせずに、育った地域ごとにトリセツを見てみるのも効果的です。

京都育ちの彼なのであれば、京都人の性格の特徴をのぞいてみたり、大阪であれば大阪で、どのような性格傾向があるのかを知ってみるのも、彼氏を上手くコントロールする上では、重要となることがあります。

彼氏のことをより多く理解したいのであれば、住んでいる地域の県民性を知ることです。

 

二人で工夫することが非常に大事

いかがだったでしょうか。

違う地域の方との交際において、最も大事なことは二人で工夫をすることです。

これは”あなた一人で頑張るのではないですよ”という意味であり、互いに互いを理解し合い、どんどん分かち合っていくことが重要です。

だからこそ、嫌なことや理解できないことがあれば、すぐさま確認することを怠らずに、こんなケースではこう扱うのが正解であるという部分を、互いに探り合っていきましょう。

次のページでは、「彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!」について、女性が理解できない男性の行動心理を暴露していきます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  2. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  3. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  4. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  5. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
PAGE TOP