女性

女は強い!それを証明する科学的根拠7選

女性の方が男性より優れている部分は存在し、中には「男よりも女の方が強い」と表現する人もいるほどです。

どちらが強いのかは、正直なところその分野によりますが、この記事では女性の方が強いと脳科学や心理学の実験で判明している7つのポイントを紹介していきます。

この1ページを読むことで、なぜ女性の方が強いと思われがちなのか?という疑問が解けることでしょう。

スポンサードリンク

女は切り替えが早い

女が強いと感じる瞬間は、何と言っても別れた後の対処の仕方であり、男性は気持ちを切り替えることができずに、未練がましい傾向が見られる一方で、女性は気持ちの切り替えが早い傾向があることが分かっています。

基本的に女性は親和欲求が強いために、一人になってしまうことに対して強い不安を持っています。

そのため、別れるかもしれないと女性の第六感が働いた時には、すぐに次の準備に取り掛かることで、次のステップにいち早く進む準備をし始めます。

さらに女性はコミュニケーション能力に長けているため、相手の気持ちが離れていく現実をすぐさま感じ取ることができ、十分な準備期間を作ることができるのです。

そうして実際に別れた結果、別れるか別れないかを悩むことしかできない男性は未練がましくなり、心の準備期間をしっかり設けることができた女性は、切り替えることができるというわけです。

別れる時も次の準備が万全である女性の方が、別れた後にたくましく強く見える理由がこれです。

 

女は過去の出来事を忘れない

よく男女間の恋愛において、彼氏が記念日を覚えてくれないとか、記念日を忘れるなどのトラブルが見られがちですが、これは女性の方が過去の体験を細かく記憶する能力に長けており、脳の海馬という部分が発達していることにあります。

だからこそ、女性は過去に犯した男性の罪や発言を忘れることなく、いつまでも記憶することができるのです。

こうしたエピソード記憶が優れている女性は、過去のことで男性を責めてしまう悪い癖が見られる一方で、これが女性にとっての武器ともなりうるのです。

過去の恋人などと遭遇すると、それと同時に過去の嫌な記憶も呼び起こしてしまう女性だけに、一度嫌なことが起これば死ぬまで忘れはしない素晴らしい記憶力により、男ってバカだな〜なんて感じてしまうこともしばしば。

スポンサードリンク

出産と育児が女を強くする

出産と育児により、女性の人格形成が大きく変わることが分かっており、特に女性は出産と育児の2つを経験することができるため、日標準的な生活上の出来事により、性格が大きく変わるとされています。

出産と育児により大きな驚きや喜びを経験する女性は、出産前と出産後に価値観が大きく変わり、育児を通して子供の成長を間近で見ることで、さらに価値観は変わっていきます。

こうした毎日気づかされる驚きの発見や課題により、たくさんの可能性や現状を受け入れる必要がある生活が女性を成長させ、強くするとバルデス博士は発言します。

よく母親になると女は強くなるなんて言われますが、出産と育児を通して母親として必要な要素を身につけた結果、強くなるという表現が最もふさわしい表現となるでしょう。

 

嘘をつくのがとても上手

女性は男性に比べて嘘をつくのがとても上手であるため、自分に関して知られたくない情報を隠すことはお手の物。

さらに第六感が敏感な女性は、男性の細かな変化にすぐ気づいてしまうために、浮気や嘘をすぐ見破ってしまうので、自分の浮気を隠し通して相手の浮気を責めるという選択も、女性の方が圧倒的にしやすいと言えます。

もっと詳しく話すと、女性は嘘が顔に出ない傾向が非常に強く、嘘をついても平然と相手の顔を見続けることができるため、男性はすぐに騙されてしまうのです。

互いに嘘を隠した関係にあった場合には、圧倒的に女性の方が有利であり、強い状況にあるとも言えますよね。

 

口では女に太刀打ちできない

よく夫婦の会話にて、男性が女性に「はい、はい」と逆らわない態度をとる光景を目にしますが、これは女性の方が話すことも聞くことも得意であることが、こうした関係を生み出してしまいます。

基本的に女性は男性よりも語源能力が優れているため、自分が不利な状況になっても次の切り口を作り、自分が優位な位置に立つことができやすいのは女性なのです。

これが男性であった場合、すぐに言い返すことは難しいですし、現実にも男性は黙り込んでしまうことが多いです。

言葉を理解する神経細胞が多く、脳の他の部分を使って同時進行することができる女性が、子供を叱りながら家事をこなせるのもこのためであり、井戸端会議にて特に目的もなく淡々と話し続けることができるのも、女性の特性なのです。

 

キャラ作りは得意分野

女性に「ぶりっこ」という言葉が使われることが多く、男性に使われることが少ない理由は、女性の方が印象操作が上手であり、相手に気に入られることを得意としているからです。

職場で人間関係を円滑にし、協調性を重んじることが得意な女性は男性上司や社長など、権力者に好かれることは大の得意であり、上司の自慢を褒めることができるのも、人間関係を円滑にできる能力に長けた証拠です。

これを言い換えると、男性の好みに自分を演じることが得意であり、男性を騙すことも得意ということになります。

つまり女性が本気を出せば、印象操作により権力者を味方につけ、相手の立場を劣勢に立たすことが可能である、とも考えることができるのです。

 

女性がいないと人類は死滅?

出産は女性の特権であるため、現在のように技術が進歩していない昔に男性だけが誕生していれば、当然人類は死滅していたでしょう。

出産を男性が経験するとどうなるのか、はっきりとは分かっていませんが、人類の存亡に女性の出産が必須なのは間違いありません。

中には自らの命を落としてまで出産を成し遂げる女性もいるほどなので、ここだけは男性が絶対に頭が上がらない女性の強さであると言えます。

 

当然、男性が優れている部分もある

いかがだったでしょうか。

この1ページを通して、女は強いと言われる理由がなんとなく分かったのではないでしょうか。

当然、力であれば男の方が強いですし、暴力では勝てる可能性は低いです。

しかし、細かな中身を見れば女性が強い分野もたくさん存在し、恋愛や結婚生活では女性の方が優位に立つことも多くなった現在では、女は強いと主張する女性が増えてきたことに繋がっているのでしょう。

また、弱い男性が増えたと言われるのも1つの原因なんでしょうね。

次のページでは、「すぐ謝る女が抱える闇と本音7選」について、弱い女が抱える闇を全て暴露していきます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  2. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  3. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  4. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  5. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
PAGE TOP