人生お金じゃないは本当?幸せとの関係は濃い!

「お金よりも小さな幸せ」の落とし穴

 

お金の話をしていると、しばしば出てくるのがこんな声です。

「わたしは、お金なんてそんなにいらない。それよりも、小さくてもいいからしっかりとした幸せが欲しい」

なるほど、言いたいことはよくわかります。

スポンサードリンク

どんなにお金があっても、恋人や家族、また友人たちに勝るものではない。

大きな豪邸で暮らすより、そんな人たちと強い鮮で結ぼれた人生を送りたい。

きっと、そんなふうに思われているのでしょう。

 

しかし、こうした考えの背後には、お金に対するちょっとした誤解があるようです。

まず、このような人たちは、お金と幸せが両立しないものだと考えています。

そして、お金とは、幸せを犠牲にして生み出されるものだと考えています。

つまり、周囲の人々や、自分のプライベートな時間を犠牲にして、ようやくお金が手に入ると考えています。

これは大きな間違いです。

 

お金と幸せは、立派に両立するものです。

そして、人や時間を犠牲にせずとも、大きなお金を手に入れることは誰にでもできます。

あなたが「お金はいらないから、小さな幸せを」と願えば、脳は絶対にそれ以上の夢を実現しようとしません。

これは、脳の科学者も口をそろえて言うことです。

 

恋もお金も、すべてがレベルダウンし、中途半端な生活を送ってしまいます。

ですが、あなたが「たくさんのお金も欲しいし、大きな幸せも欲しい」と願えば、必ずそれは実現されます。

すべてがレベルアップして、本当に充実した、100%の幸せを手に入れることができるのです。

 

お金がなくてもいい、なんて考える理由はどこにもありません。

どうぞお金に構えないでください。

お金は恐ろしいものでもなんでもありません。

人生を豊かに潤してくれる、わたしたちの最良のパートナーなのです。

お金持ちの人たちは、みなそれを知っています。

スポンサードリンク

なぜ「お金を口にするのは卑しい」のか

 

お金を口にするのは卑しい。

日本には、そのように信じている人が大勢います。

ところが米国では、誰もが巨万の富を得ることをあこがれ、大きな成功を収めた人を「アメリカンドリームを実現した」として称賛し、尊敬する文化があります。

この違いはどこから発生しているのでしょうか?

 

武士と商人といった、日本ならではの精神的風土もあるでしょう。

しかし、もっとも大きいのは、そこに「夢」があるかないかです。

「独立して、業界に新風を吹き込むような会社を立ち上げる」

「一流のデザイナーになって、南青山に自分の店を持つ」

「海外にいくつも別荘を構え、人生を存分にエンジョイする」

「趣味のスキーで、世界の山を制覇する」

 

こうした夢を実現するには、必ずたくさんのお金が必要になります。

つまり、夢とお金は連動しているのです。

それを知っている人生の勝ち組たちは、声を大にして「お金が欲しい」と簡単に言えます。

彼らは、お金があるから海外に別荘を建てるのではありません。

別荘が欲しいと願うから、お金が集まってくるのです。

この出発点を間違えると、おかしなことになります。

 

実現したい夢もないのに、ただお金が欲しいと考える。

あるいは、お金こそが夢だと考える。

それでは本末転倒ですし、軽蔑されても仕方のないところでしょう。

お金が欲しいと思うのは、健全で当然な欲求です。

しかし、その際にイメージするのは、あの一万円紙幣ではありません。

あくまでもあなたの「夢」を思い描いてください。

 

大きな夢を思い描けは描くほど、大きなお金もついてくる。

小さな夢しか抱けない人には、小さなお金しかついてこない。

夢を見失ってしまった人には、最低限のお金すら集まらない。

お金の出発点は「夢」

この言葉を忘れないでください。

 

関連記事

→玉の輿に乗るにはこの方法を使え!

→お金に好かれる方法は財布じゃない!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る