彼氏が冷たい態度の理由とは?

本当に愛したとき、男はこんなふうに行動する

 

男が、あなたを本当に愛しているかどうか。

それは、何よりも彼の行動に表れます。

男は、女性を本当に愛していれば、ロに出してそれを言わなかったとしても、絶対に彼女を守っています。

口先だけで「愛している」というのではなく、物理的にも、彼女が困ったり苦しんだりすることがないように、力を尽くしているのです。

スポンサードリンク

結婚している場合なら、「絶対に苦労させないよ」という環境をつくってあげているのです。

ですから、もしあなたの相手が、あなたの悩みや苦しみを見て見ぬふりをしていたり、あなたに与えられる一方で、自分から与えようという姿勢がない場合には、彼はあなたを愛していません。

もし、口では「愛している」「大切だ」と言っているのに、全然行動が伴っていなければ、それもやっぱり本当の愛ではないのです。

 

私は外資系企業で働くことが多かったのですが、あるアメリカ人の上司が口にした印象的な言葉があります。

ある時、夕方になって、珍しく急に会議が入りました。

同僚たちの中には、あわてて奥さんに電話をして「ごめん、今度は一緒に食事をしよう」とわびている男たちがいました。

会議があるとわかったとたん「夕食に間に合わないことを妻に連絡しなければ」と思ったのでしょう。

 

それを見て、そのアメリカ人上司は「こういう男は絶対に伸びない」と言い切りました。

「そんな安っぽいつながりではだめだ。ふだんから本当に妻を大事にしていれば、帰宅が遅くなったとしても、相手も全部事情を承知していて、心配したり文句を言ったりしないものだ」というのです。

そして、妻とそういう関係をつくれていない男は、ずっと上のポジションにはいけないだろうと彼は言いました。

その後、日本の会社に入ってみると、だいたいの男たちは義務感で家庭を守っていました。

スポンサードリンク

やたらと奥さんをこわがり、「日曜日は女房孝行」とか「今度の休暇は家庭サービスだよ」とか言っています。

これは、どこかに「相手を大切にできていない」というひけめがあるから、こういう態度になるのでしょう。

私の場合は、妻に「心配をかけないために」という理由で「仕事が入った」とか「遅くなる」とかの連絡をしたことはいっさいありません。

夜も更けて、妻がそろそろ寝る時間だと思えば「今日は終電になるかもしれない」という連絡はします。

 

そういうとき、彼女はけっして文句は言わないし、「起きて待っています」とも言いません。

「そうですか。ではお泊まりください。私はもう寝ます」と明るく答えるのです。

そうしてくれて、私もほっとします。

無理に起きていられるより、ぐっすり眠ってくれたほうがずっと安心です。

ずっとこんな関係でした。

 

ずいぶんあっさりして見えるかもしれませんが、それでいて、一緒に休暇を過ごすときなどはお互いとても楽しいのです。

妻は、独身時代には女友達とよく海外旅行に出かけていましたが、私と結婚してからは私としか旅行をしませんでした。

海外との行き来に慣れている私が、スケジュールも泊まるホテルもレストランも、絶妙のアレンジをするので、誰と行くよりも頼りになるし、楽しいというのです。

妻のお金の使い方に口を出したことも、一度もありません。

自由に、好きなように使ってくれというのが私のスタンスでした。

そういうことも含めて、大切にされているという実感をもっていてくれたから、私のふだんの行動も信頼してくれていたのだと思います。

 

あれこれ言い訳をしたり、「愛しているよ、大切だと思っているよ」としょっちゅう言わなければ成り立たない関係など、もろいものです。

あなたも、相手に本当に愛されているかどうかは、彼の表面的な言葉よりも、自分に してどんな行動をとっているかをトータルに見て判断してみるといいと思います。

そんな視点で、まわりの男性を見てみるのも面白いと思います。

 

仕事関係の飲み会で「女房がうるさいから…」などと言って、そそくさと帰るような人は、まず出世しません。

恋愛中で「彼女に早く会いたいから」というなら、それはまだ許せます。

でも、自分の妻である女性に、怒られないように、文句を言われないようにとビクビクして帰っていくような男は、仕事においても自信のない男です。

自分で道を切り開いていけない、器の小さい男です。

そういう男を選んでしまわないように、気をつけてください。

 

関連記事

→いい男の条件はいい女が寄ってくること?

→ダメ男の特徴と見分け方

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る