恋愛

男を夢中にさせる女のテクニックとは?

昔からある「じらし」のテクニックは使えるのか?

 

よく、「女性は男性を追いかけさせるべきだ」という恋愛論があります。

そのためのひとつの方法として、「好きでもそれを悟られないようにする」とか、「思わせぶりな行動をとり、誘われでもあいまいな返事をしてじらす」という戦法がすすめられていますが、はっきりいって、それは誰にでも適用するものではありません。

たしかに男性には狩猟本能があります。

スポンサードリンク

そして、20代~30歳前後までの結婚前の男性が相手であれば、じらしのテクニックも時として有効にはたらくでしょう。

しかし、45歳ぐらいを過ぎた男性には、心理をみんな見抜かれます。

本当は気があることも、追いかけさせたいと思っていることもバレてしまいます。

 

そのぐらいの年代なら妻子のいる男も多いし、逆に遊ばれてしまう可能性も大です。

私ぐらいの年代でそういう女性に出会うと、「おやおや、バ力なことをしているなあ」と思われます。

裏をかくことさえバカバカしくなるものです。

女を追いかけ回して幸せになった男はいないというのが私の持論です。

 

こういう男は、有名な文学作品でもこれでもかというくらい描かれています。

「カルメン」のドン・ホセというのにしても、「マノン・レスコー」のグリューにというのにしても、思い通りにならないヒロインに惚れ込んで追いかけ、さんざん利用されたあげくすべてを失うという悲劇の結末を迎えています。(おそらく皆さんは知らないでしょうが…)

でも、本物の男は女性を自分のほうに引き寄せることができるので、自分にろくに好意も示さないような相手を追いかけたりはしません。

スポンサードリンク

彼らはそういう場面よりも、愛する女性のために獲物をとるとき、すなわち大きな仕事や課題に取り組むときにこそ狩猟本能を発揮します。

女性のほうだって、自分を追いかけることで男性がクタクタになり、仕事で失敗したりするよりも、自分の愛情で元気づけられた男が、はりきって稼いできてくれたほうがずっといいでしょう。

そして、追う・追わないは別にして、男がいつまでも興味をひかれる女性とは「自分」をもった女性です。

 

「自分をもっているから、恋愛においても無理をしない」ということと、「小手先のテク二ックで落ちない女房を演じる」ということは、全然違います。

男が「こういう人こそ、ぜひ」と望むのは、前者のような女性です。

夢をもち、自分の人生を楽しみながら、ごく自然に「簡単に落ちない女」になっている女性なら、「彼女はどういう女なんだ? もっと知りたい」と、思わす追いかけてみたい気持ちにもなるものです。

 

そして、客観的に見てすごい美人ではなくてもちゃんと自分の容姿を磨き、いい表情をもった、自信にあふれた女性であるととも彼をひきつける条件になります。

そこのところをよく覚えておきましょう。

 

 

男を夢中にさせたいなら

 

男を夢中にさせたいのであれば、やはり男心をしっかりと分かることが大事でしょう。

あなたは女性ですので、女の子が喜ぶ行動や言動が分かりますよね?

それと同じで、男の子が喜ぶ行動や言動を知ることが、一番の近道だと思います。

中でも、私がオススメするのは以下の3つ。

 

→女性が好きな人との会話で脈ありにさせる方法!

→男性の脈あり態度やサインは言動から探せ?

→憧れの好きな人とデート~付き合う方法

 

上記の3つは、どんな男性にも特に当てはまる内容が書いてあります。

ですから、しっかりとテクニックや知識をつけて、よりモテる女性へとより近づきましょう!

しっかりと、男心とテクニックを知っていれば、恋愛に苦労することも少ないのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  2. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  3. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  4. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  5. 彼氏

    彼氏の行動心理10選〜あなたの謎を3分で解明!
PAGE TOP