恋愛

何年も恋してない人へ

叶わなかった昔の恋を活用する

 

「あなた、この頃すごくキレイになったね。恋しているでしょう」と言われたら、誰だってすごく嬉しいものです。

その反対に、「彼女ならいつだってヒマなはずだよ。デートする相手がいないのだから」などと陰で言われていたら、たとえそれが事実だとしても、がっくり落ち込んでしまうでしょう。

しかし残念ながら、そういうことは相手によくわかってしまうものなのです。

ああ、この人はしばらく恋をしていないな、と一目でわかってしまう女性は大勢います。

肌が力サ力サで輝きはなく、まるで中年男性の肌のようになっています。

スポンサードリンク

どうしてそうなってしまうかといえば、恋を忘れて、快楽ホルモンの恩恵から遠ざかっているためです。

快楽ホルモンが枯渇したままでいると、美や健康面で確実に悪影響が出ます。

仕事や人づきあいも思うように事が運ばなくなり、望むような異性との出会いはますます減ってしまいます。

これでは、どこまでいっても悪循環から披け出すことができません。

 

そこでお勧めしたいのが、異性に対する感情を自分自身で揺さぶって、「ときめき」 を目覚めさせることです。

といっても、つきたくなるほどいい男が、いつでもどこにでもいるものではないでしょう。

それであきらめてしまうのではなく、以前にご紹介した「脳内デート」を実践してみてください。

→恋したい主婦へ。何年も恋してないけど大丈夫?

 

あなたの「ときめき」が復活します。

あるいは、古い記憶を探ってみる、という手もあります。

初恋のあの人、学生時代につきあっていた彼、社会に出てから知り合ったカッコイイ男性、結婚してからあらわれたセクシーな男…

消えかかった記憶の中から、恋心を揺さぶる男たちの面影が立ちあらわれてくるでしょう。

あなた好みの「いい男」のオンパレードです。

スポンサードリンク

それがあなたを脳を奮い立たせ、新たなエネルギーを注ぎ込んでくれます。

こうして心や脳に栄養を与えていくと、「若返り」という魔法のようなことが本当に起こります。

異性を意識することで、体内のホルモン系が変化するのです。

目の輝きや肌のツヤが増し、声のボルテージも高まってきます。

 

こうした外見にあらわれる変化こそ、内面の変化をすべて表現しています。

そして、内面の輝きを映し出す魅力的な姿ほど、異性を強く引きつけるものはありません。

目に見えぬオーラのような輝きとなって恋をとらえます。

ですから、「恋は面倒、女を卒業してしまったほうが楽」などと、あきらめムードになるべきではありません。

 

女だって、いくつになっても、「ひとつ、いい男を口説いてみるか」という心意気を持っているくらいでちょうどいいのです。

こんなふうに、恋に対するイメージをチェンジしていきましょう。

そして、実際に好みの男性を見つけたなら、遠慮なく次の段階へと進んでいくべきです。

実は男性のほうでも、女性のほうから出てきてくれるのを心待ちにしていることが多いのです。

 

 

出会った男性と脳内デー卜をしてみる

 

美人で魅力のある女性ほど、なぜか男性に対して遠慮がちです。

奥ゆかしい、と言えば聞こえはいいのですが、悪く言うと、いわゆるなまけ者が多いのです。

男のほうから声をかけてきて当たり前、と決めてかかっているのか、あるいは、交際相手が天から降ってくるとでも思っているのか、男性の恋心をかうことにあまり熱心ではありません。

たとえば、華やかなパーティに出席する機会があっても、美しく着飾った女性が集まってグループをつくり、ワイワイキャアキャア、おしゃべりに夢中になっていることがよくあります。

これがよくないのです。

 

その場に一人でも男性がいたなら、まずその男性に語りかけ、楽しませ、喜ばせるくらいの意欲を持ちましょう。

恋の予行演習は、ここからはじまります。

彼としばらく会話をしてみて、「いいな」と感じたなら、とりあえず、彼の身体にちょっとだけ触れてみましょう。

笑いながら、肩や腕のあたりを軽く叩いみてください。

 

こういうことをする理由は、あなたが本気で「落とそう」と思う相手に出会ったときのための予行演習になるからです。

ですから、ごくごく気楽に、軽い気持ちで臨んでいただければけっこうです。

そして、「彼くらいのレベルなら、いつでもまた話をしてみたい」と思うなら、彼と脳内デートしてみましょうか。

これもまた、あなたが本気で「落とそう」と思う相手に出会ったときのための予行演習です。

 

予行演習とはいえ、ともかく脳内デートをするのですから、胸のときめきは高まっていきます。

何を着て出かけようか、どんな店でどんな食事をし、どんな会話を交わそうか。

そう考えるだけで胸がドキドキします。

 

本格的な恋愛とまでいかなくても、こんなふうに「あの人は素敵だなあ、好みのタイプだ」と思う異性と脳内デートをしたり、パーティなどの席で一緒に過ごしたりするだけでも効果大です。

そう、恋とよく似た気持ちを味わうことができるのです。

人間は、ほのかな恋心や、憧れの気持ちによって快楽ホルモンをつくり出すことができますから、それによって快楽を味わい、幸福感にひたることができます。

 

関連記事

→恋愛上手なモテる女になる方法

→女子力が高い人の特徴は男子にある?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  2. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  3. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  4. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  5. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
PAGE TOP