彼氏

彼氏とうまくいかない時に別れたいと思う人と思わない人の違い

人を正しく理解できない。だから悲劇が起こる

「もしかしたら、私は幸せになれないのかもしれない」

ときどき若い女性から聞く気になる言葉です。

ここでいう「幸せ」とは、多くの場合、好きな男性と相思相愛の間柄になること。

そうしてやがて結婚することをあらわしているようです。

おそらくあなたも、「幸せになりたい。でも本当になれるのか」と、一度思ったことがあるはずです。

特に、「この人こそ」「この人だ」と思っていた人と別れることになったときには、大きな痛手を受けて、悲観的になりやすいものです。

将来までもが不安になって、「幸せになれないかもしれない」という思いが浮かぶのかもしれません。

 

愛する人と結ばれないことで、まるで悲劇のヒロインのようになるのでしょう。

報われず、涙にくれて不幸に耐えるしかないと思ったりもするかもしれません。

悲劇というのは、相手を正しく理解できなかったか、理解する努力を怠ったことから生まれると私は考えています。

 

このようにいうと、反発がきそうですね。

「いや一生懸命、彼を理解しようと努力したし、我慢もしたわ」

そこで考えてみたいのが、人をどう理解するかということです。

 

別れてしまった彼の特徴を尋ねたとき、「彼は外資系の企業に勤めるビジネスマン。雰囲気はキムタクに似ていて、実家は名士で…」

などと言っているようでは、悲劇のヒロインになってしまうのも無理からぬことでしょう。

これではまるで商品の優劣をアピールする際の、特徴を並べ立てているように聞こえます。

その男性と一緒に過ごしていたとき、頭のなかだけでなく、心から幸せな気持ちを感じられていたのか疑われてもしかたありません。

既婚女性たちの中にも、夫の稼ぎや外見のよさ、家柄などを自慢にしている人がいますが、やはりどこかに品物という意識があるのではないかと感じざるをえません。

 

確かに条件のいい相手を得られたとき、優越感から幸福を感じることもありますが、これは錯覚であって真の幸福感とは違います。

上っ面のことばかりに気がいっているようでは、相手を正しく理解できません。

そこには悲劇のはじまりが潜んでいるのです。

 

 

幸せを感じるカを養うために

 

では、どうしたら人を正しく理解できるのでしょうか。

ひとつの鍵は心のなかに宿るイメージにあると思います。

それこそが、社会的なステータスや条件をそぎ落とし、その人自身の本当の姿に近づけるものだからです。

 

ここで頭をちょっと休めて、恋人でも子供でもいいので、好きな人のことを思い浮かべてみてください。

先に述べたような社会的なステータスや条件を考えず、その人のことを心で感じるようにするのです。

いかがでしょう?

心のなかにイメージが膨らんでくるでしょうか?

 

誰かを正しく理解しようとするとき、あれこれと理由をつけようとしてもうまくいきません。

イメージで理解できた時にこそ、それが可能になるのです。

少々わかりにくいでしょうから、誰かを好きになったときのことを考えてみましょう。

 

その人との距離が縮まり、心を通わせることができれば、短い一瞬であっても幸せを感じることがありますね。

すぐにいろいろな不満や願望が頭をもよぎったとしても、幸福を感じたことに変わりはありません。

人と結ばれ、尊敬し、愛する体験は幸せな気持ちをもたらします。

人を愛すれば、それだけで幸福を感じられるのです。

 

なぜなら、人は何をもっていても買うことのできない、最高の価値を持つ存在だからです。

どんな人にもすばらしい価値があり、そのような価値ある存在を愛することはすばらしいことなのです。

もちろん、自分自身もそうです。

 

私たちが自分をよく知り、自分と対話し、自分を確立できたときには、やはり幸せな気持ちを強く感じることになります。

これは現実の状況にかかわらずいえることです。

人が幸福を感じるのは、恵まれた状況にいるときばかりではありません。

困難な状況にあっても、幸せな気持ちは決して失われることはありません。

そして、そのような幸せな気持ちを自覚できる能力を養うことこそ、さらなる幸福へのパスポートになるのです。

関連記事

  1. 彼女

    付き合って一年でもラブラブで居続ける為の秘訣10選

    交際期間が一年を過ぎると、やがてお互いに飽きが生じたり、一緒にいること…

  2. 彼氏

    彼からもっと愛されたいならベタ惚れよりこれ!

    愛と感謝は幸せのバロメーターですシンデレラを乗…

  3. 彼氏

    仕事ばっかりの忙しい彼氏は中年で激変することがわかった!

    あなたが思う以上に人生は長い。仕事とは別の世界を持つことが大切です…

  4. 彼氏

    二番目の女という辛い立場のあなたへ

    二番目の女でもいい...という言葉は、ドラマで聞くようなセリフですが、…

  5. 彼氏

    彼氏との倦怠期を乗り越える8つの対策方法

    倦怠期の期間中はお互いにイライラしたり、お互いの関係をおろそかにしがち…

  6. 彼氏

    距離を置きたい彼氏心理と本音6選

    距離を置きたい彼氏の心理が分からずに、どのような対処法をとればベストで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
  2. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  3. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  4. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  5. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
PAGE TOP