未分類

繊細すぎる性格のメリットデメリット

繊細すぎる性格というのは、何かとデメリットが目につきやすく、メリットがあまり見当たらないようにも思えます。

さて、繊細すぎる性格というのは、やはりデメリットが多いのでしょうか?

今回の記事では、そんな繊細すぎる性格のメリットデメリット、そしてなぜ繊細すぎる人は”ある行動を起こすのか?”という疑問について、詳しく説明していこうかと思います。

繊細すぎる性格に隠れている恐怖心

人間とは事実を確かめるのが怖いので、その代用として悩むことを使っている場合があります。

例えば知り合いの繊細すぎる性格の編集者は、執筆を依頼するときに、著者の先生に電話やメールの一本をするのがなかなかできないという。

「先日お送りした企画書、ご検討いただけたでしょうか?」やるべきことは、電話やメールをして確認するだけなのです。

相手がOKするか、断られるか。

結果はふたつにひとつなのです。

ところが連絡をして、もしも断られたらどうしよう。

今からまた企画を立て直すのは大変ですし、締切にも間に合わない。

断られたとき、他の先生にお願いできるだろうか?他の先生にも断られたらどうしよう?などと考えて、なかなか連絡ができないのだという。

断られたときの心配ばかり浮かんでしまい、結果を聞くのが怖くて、その代わりに悩む。

ダメならダメで、次の対策を練る必要があるのに、先延ばしは自分で自分の首をしめているようなものです。

しかし、なぜか人間にはそれができません。

それを一言で人間は、「度胸がないのです」で片付けてしまうことが問題なのです。

度胸が無いのは自分を守るため

確かに、悩み深い人というのは、度胸のない人が多い。

悪い結果を受けとめる度胸がないので、くよくよする。

しかし、こういう繊細な人は、くよくよすることも大切なのです。

人間がどんなときに大きなショックを受けるかというと、まったく心の準備ができていなかったときです。

予想外の不幸に見舞われたとき、人間は回復しがたい傷を負う。

例えば、八十歳の親が病気で長く患って死んだときより、五歳の子供を突然交通事故で亡くしたときのほうが、悲しみがより深いのです。

これは、心の準備ができていないからなのです。

繊細な人間は、悪い結果を心配することで、もしも本当に悪い結果になった場合の心の準備をしているといえる。

楽天的に信じていたことが突然ダメになってしまったら、ショックが大きい。

何の代替案も考えられないほど立ち直れなくなってしまうかもしれない。

だからこそ、あらかじめくよくよしておくのも、それはそれで有効な方法なのです。

そう自分をなぐさめながら、事実を確かめる行動に移してみる勇気を持ちましょう。

 

繊細すぎると人生に疲れる

また、繊細すぎる性格では今の社会を生きていくには身体共に疲れ果ててしまいます。

怒られるだけで体の震えが止まらなかったり、相手の顔を見てどこかつまらなさそうにしていると異常に気になってしまったりと、繊細すぎる性格は周囲よりもはるかにエネルギーの消費が激しいのです。

さらに繊細すぎる性格の難点は、さじ加減が分からなくなることです。

引きずる期間にしても以上に長かったり、一度疑問に思うと被害妄想を抱いてしまったり、自分が相手の感情に敏感だから自分の感情に誰も気づいてくれないと嘆いてしまったり、いい具合にさじ加減ができなくなります。

こんなデメリットに気づいている人は多くいるでしょうが、なかなか改善するのが難しいのが現状です。

カウンセリングやネット情報を頼りに、改善方法を試してみるという対策方法も考えれますが、一番は全く繊細ではない人と一緒に過ごすことだと思います。

恋人が全く繊細でない人であった場合、恋人に影響されて繊細すぎる性格は自然と少しずつ改善されていくでしょう。

もちろん個人差はありますし、気質でもあるので変わるということはとても難しことです。

実際にあった実験で、「勉強できる集団50人の中に、全く勉強ができない人1人を入れて、半年間観察した」という実験があったのですが、半年後にはその勉強ができなかった人は、驚くほど学力が上がっていたそうです。

このように、人は環境や長い期間一緒にいる人が違えば、影響されるものです。

繊細でない恋人を選んでみる、こんな治療法もあるということも頭に入れておきましょう。

 

逃げたいけど逃げれない

繊細すぎる性格の多くに、社会から逃げたいけど逃げられないという心の本音が隠れています。

その通りであり、社会からは逃げることも隠れることもできません。

自分が本当に嫌になった時には、友達や家族や恋人を頼ればいいのです。

人間は一人では生きてはいけません。

辛くなるたびに頼るくらいでもいいでしょう。

逃げたくなったことを他人に話すことで、身体的な健康維持にも貢献していますし、繊細すぎるあなたの性格をきちんと理解してもらえるチャンスでもあります。

あなたがどんなことに対して辛い思いをしているのか、それはあなたにしか分かりません。

まずはあなたの性格というものをきちんと周りに把握してもらい、あなたが過ごしやすい環境に身を置けるようにしてみる。

こんな努力も繊細すぎる性格の人には必要なのかもしれません。

また、「被害妄想への対処法と治療法」もセットで読んでみましょう。

繊細すぎる性格の人は、どうしても被害妄想が激しい人が多くなってしまう傾向にありますからね。

関連記事

  1. 未分類

    夢を諦めるべきか?年齢やお金や就職が頭にちらつくあなたに

    諦め半分の自分とサヨナラするために将来、大きく羽ばたくことを夢見て…

  2. 未分類

    仕事中毒から脱出する方法6つ

    仕事中毒に陥ってしまうと、私生活の多くの時間を仕事に使ってしまい、さら…

  3. 未分類

    人付き合いが苦手な人の超簡単な克服方法

    人付き合いが苦手な方というのは、部屋にこもりがちというデータが出ており…

  4. 未分類

    安定した職業=正社員はもう時代遅れな理由5つ

    安定安定と、安定を求める時代はいつの時代でも変わりません。しか…

  5. 未分類

    自分が嫌いな人の心理と原因4つ

    自分が嫌いで仕方がないと嘆く人もいれば、自分を受け入れてありのままの自…

  6. 未分類

    自分を大事にする人ほど人を大事にする理由

    自分を大事にする人ほど、人を大事にするという事は、いろんな書籍でも書か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 恋愛

    男性をその気にさせる方法と注意点9つ
  2. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  3. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  4. 恋愛

    恋は盲目愛は幻?その心理が笑えない4の理由
  5. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
PAGE TOP