未分類

うつ病の初期症状と兆候の5つ

うつ病患者が非常に多い日本なだけに、うつ病かもしれないと頭を悩ませている人は少なくありません。

そもそも、その悩みやすい性格がうつ病になる原因だったりするのですが、あなたは大丈夫でしょうか?

うつ病というのは必ず初期症状に兆候が現れます。

小さな違いですが、その違いを見抜けるかどうかが、うつ病への予防となるでしょう。

そんなうつ病の初期症状と兆候とは、いったいどのような部分を重点的に見ればいいのでしょうか?

このサインが出たら”あなたは頑張り過ぎています”

うつ病には、次のような徴候が現れます。

・バイタリティがなくなって疲れやすくなった。

・何をやっても楽しくない。

・決断力が低下した。

・何事にも好奇心がわかなくなった。

・孤独を好み人と会いたくなくなった。

この五つが重なったら、うつ症状が進展しているので、ドクターに相談することをお勧めします。

うつ症状の人に話を聞いてみると、「心臓に鉛をつめたように重い」という表現をしていました。

心臓のあたりが重いので、何をするにも苦痛で、座っているのも辛く、ゴロリと横になりたくなる。

はたから見ていたら単なる怠けものですが、本人にとっては実際に苦しくて辛いのです。

また、ため息も多くなるようです。

ふとんから出られず、シクシクと泣き続ける人もいる。

こうなってくると会社にも行けない。

そうなる前に、しっかりとドクターに相談して症状の悪化を防ぎましょう。

うつ病と脚気の違い

その前に少し豆知識ですが、うつ症状の人に「がんばって」と励ますのは禁物です。

それがプレッシャーになって、余計にうつ症状がひどくなる場合があるからです。

「旅行にでも行って気分転換しなさい」と、無理に動かすのもダメ。

ひとり旅に出ると、自殺衝動を起こすこともある。

それよりも、同情的・共感的に話を聞いてあげるのがベストです。

一緒になって暗くなるのもよくないけど、あまり明るくしていると、うつ症状の人が疲れてしまいます。

さて、うつに似た症状を表すものに「脚気」がある。

疲れやすくなって、動悸・息切れがする。

下肢がピリピリして、むくんだりする。

これは、ビタミン息不足が原因です。

インスタント食品や、糖質の多い飲み物やアルコールの飲みすぎも、ビタミンやビタミンCの不足をまねきやすいので要注意です。

このように、うつ以外が原因の病気のこともあります。

疲れやすい、だるいというのは体の不調の信号なのですから、どこが悪いのか?きちんと医者に診察してもらった方がいいでしょう。

それでも体に何の原因もなければ、心の病気かもしれません。

そんなときは、心のドクターに相談しましょう。

現在は、総合病院でも「心療内科」などを設けているところがたくさんあります。

昔のように「精神科」にかかるなんて恥ずかしいという意識は捨てて、心のドクターも活用しましょう。

 

セックスに変化があったら要注意!

うつの徴候は、タバコやセックスの量にも表れます。

例えば、タバコの量が異常に増える。

ちょっと吸ってはすぐに消して、またすぐつけるという「イライラ型」の喫い方になることが多いようです。

ちなみに無気力型の場合、タバコの量がぐっと減ることが多い。

また、セックスの回数が極端に増えるのがイライラ型。

アルコールでしばしウサを晴らしたいというのと同じことで、セックスで悩みをまぎらわせたいのです。

イライラをセックスにぶつけているわけです。

食欲過多になるか、反対に食欲がまったくなくなることもある。

不安が強い場合、吐くまで食べて、吐いてはまた食べるというケースもある。

 

無気力型の症状とは?

年代でいうと、五十代以前の中年層に多いのが無気力型です。

イスに腰かけたら一言も口をきかず、そのままじっと沈み込んでしまうようなタイプです。

何をする気力もないので、仕事をする気もない。

朝、起きることさえおっくうになる。

とにかく何もしたくない、ゴロゴロと寝っ転がるのに幸せを感じる、またはゴロゴロしないと辛いのが、無気力型の症状の特徴です。

 

イライラ型の症状とは?

一方、五十代以上に多いのが「イライラ」の「不安焦燥型」です。

これは、動物園の熊が濫の中を行ったり来たりするように落ち着かず、一人言をいったり、うなり声をあげたりする。

物忘れがひどくなるのも特徴です。

というのも、いつも心の中が混乱していて、集中できないからであります。

電話が三本も四本もかかってくる。

そして、同時に目の前の相手の話も聞かなければならない、という状況と同じなのです。

心の中にはあれこれがとっちらかっていて、まとまりがつかない。

いろいろなことを次々にやっているようでいて、実は何も手についていない。

こうした症状が、無気力型の人と同じうつであるわけは、その中核に精神抑制(心理的ブレーキ)が作用しているからです。

何かの精神的なブレーキがかかっていて、そこにエネルギーを使っている。

それでイライラして、最悪の場合は仕事ができない。

ますます焦ってイライラするという悪循環です。

根は無気力型と同じで、やはり抑制がかかっているのです。

どちらにせよ、このような行動の異常が見られたら、早めにドクターに相談しましょう。

また、「うつ病になりやすい人の共通点」もセットで読んでみましょう。

もしかすると、あなたは非常にうつ病になりやすい人なのかもしれません。

その場合は、早急に原因を改善する必要があるでしょう。

関連記事

  1. 未分類

    年収450万の手取りと生活・貯金の目安

    年収450万の手取り額が分かれば、貯金の目標がより的確になり、多くの貯…

  2. 未分類

    職場で孤立の対策方法4つ

    職場で孤立してしまい、悩んだ挙句に会社を辞めてしまう人は後を絶ちません…

  3. 未分類

    マイナス思考で病気になる前に改善できるたった1つの方法

    マイナス思考が原因で病気になってしまうケースは年々増加しており、心の病…

  4. 未分類

    ストレスで性格が変わる理由

    環境が変わると人格も変わる。もちろん、あなたも変わります&nbsp…

  5. 未分類

    感情がない人が喜怒哀楽に気づく方法6つ

    感情がない人というのは、自分には感情がないので、無理に笑うしかないし、…

  6. 未分類

    すぐ怒る人の心理を逆手とった対処法3選

    すぐに怒る人や情緒不安定な人と付き合う時には、すぐに怒る人の心理はみな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 恋愛

    敬語を使う男性心理から分かる6の事実
  2. 浮気

    愛人が欲しい男性心理と特徴5選
  3. 恋愛

    食事に誘う男性心理から読み解く6の事実
  4. 恋愛

    男が本当に好きな女に見せる態度10選
  5. 恋愛

    絵文字を使わない男性心理から分かる8の事実
PAGE TOP